2005年11月30日

【感想】赤緑黒白−Red Green Black and White



久しぶりにこのカテゴリで記事を書きますね(^^;
この作品については、ネタばれするといけないので、あまり深く作品内容には触れてません、ご了承ください……


森博嗣といえば『すべてがFになる―THE PERFECT INSIDERすべてがFになる』を代表作に、ミステリィ(ミステリーではなく)作家として有名。
この『赤緑黒白』も、森博嗣ミステリィの一作です。
ちなみに僕は講談社文庫版を揃えていますので、今月ようやくこの作品を読みました。
そういうわけで、読んでいない作品も多々あります……
スカイ・クロラ』は市立図書館で借りましたけどね。

瀬在丸紅子を主人公としたVシリーズをずっと『黒猫の三角―Delta in the Darkness』から読んできて、この作品が最終章。
このあとの作品を未読の僕なのですが、解説などを読む限り、このシリーズの登場人物がこの後の作品で描かれた様子はないようですね。
僕は、森作品の終わり方に「そう終わるかー!」と思うことが多々あるわけで(比率にして8割強か)、今回もやっぱりそう思ったわけですが。
ただよくよく考えると、これが森博嗣の哲学であって、美学なんだろうなぁとも思うわけですよ。
十数冊読んできて、ようやく思えたことなのですが。

あんまり書くとネタばれするので書けませんが、またもセンセーショナルな事件内容。
遺体が塗装されて発見されるというものです。
詳しくは、↑のレビューでも読んでいただければ。
最後まで読んでいって、森作品の初めに読んだ頃に衝撃を受けた「天才とは何か」をまたも衝撃として目の当たりにした気分です。
残念ながら凡人には、決して理解することかなわない世界なのでしょうけどねぇ。
若干、内容は想像できる点もありましたが、これは慣れから生まれたものでしょうかね?


『赤緑黒白』を読んで初めて、自分は案外、紫子さんと性格的に似ているかもと思いました(^^;
posted by 青葉和 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想文? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10023228

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。