2009年04月05日

花雨試合はgdgd8回コールド

09.04.04 大阪ゴールドビリケーンズ vs 神戸9クルーズ
第2回戦[大阪・万博記念公園野球場]


大阪 6 - 5 神戸

神戸|000|320|00|5
OBC|002|013|0x|6

(8回降雨コールド)

【スターティングラインナップ】
 (先攻)(後攻)
 神戸大阪
北村 祐(二)山門達矢(左)
金城直仁(遊)長谷川勇太(遊)
武田陽介(右)平下晃司(右)
若林春樹(捕)碩野佑紀(一)
奥脇佳宣(左)平松陽介(D)
今井政司(三)林 一茂(中)
小野真悟(一)笹平拓己(捕)
田中亮多(D)奥本優也(三)
金谷和晃(中)吉野泰弘(二)
末永仁志(投)小坂 英(投)



【選手交代】
[大阪]
(投手)小坂 英(5回)−洪 成溶(3回)
(野手)吉野泰弘→永峰由貴(→5回表:二塁)

[神戸]
(投手)永峰仁志(6回)−西崎康真(1回)
(野手)なし

【記録関係】※非公式記録。1回表分未換算。
三塁打:(大)林
二塁打:(大)平下、奥本 (神)武田、若林
盗塁:(大)山門
犠打:(神)今井、金城
エラー:(大)小坂、吉野、長谷川 (神)末永2
死球:(神)末永3





8分咲きの桜が咲く万博記念公園での大阪対神戸の第2回戦は、
小雨の中での試合開始となった。

試合は3回、平下が1アウト1・2塁からライト越え二塁打を放ち大阪が先制。
しかし直後の4回、大阪先発・小坂が2者連続死球などで無死満塁のピンチを招くと、
自らの暴投と神戸のスクイズ攻勢で逆転を許す。

さらに吉野の負傷交代も重なって、流れが神戸側に傾きかけたが、
6回から投げた洪が、足元の悪さを感じさせないテンポのよい投球を見せる。
このリズムで打線は流れを引き寄せ、
林の三塁打を皮切りに打者一巡3得点で再逆転。

神戸は6回をこらえきれなかった小坂が誤算。
posted by 青葉和 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談@野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116799763
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。