2005年01月06日

レシピ『水無月(おてがるバージョン)』

《材料》
薄力粉 100g
砂糖 90〜100g
甘納豆 80gぐらい(適量)
水 300cc

《用意するもの》
ボウル、混ぜるもの(キベラなど)、牛乳パック1L用
注:牛乳パックは注ぎ口のみをあける。全開にしてはいけない!

《作り方》
(1)薄力粉と砂糖を混ぜる。

(2)(1)に水を少しずつ加えて練る。一度に加えないのがポイント。

(3)牛乳パックに甘納豆を入れる。

(4)牛乳パックに(2)を入れる。

(5)注ぎ口の位置に気をつけながらパックを横に倒し、軽く揺らして甘納豆が均等に広がるようにする。
  ※こうすると、豆がちゃんと底に沈むそうです!

(6)パックの口をあけ、(5)をレンジに入れる。口を開けて蒸気を逃がす。

(7)500Wレンジなら7分半〜8分程度あたためる。
  ※ここはレンジにより個体差が出る。

(8)あら熱を取ったら、パックを開き、包丁で張り付いたのをはずしていき、器にひっくり返して豆が上に出てくるようにする。

(9)(゚Д゚ )ウマー


教えてもらったのは、郵便局のバイトのおばちゃんです。
水無月マニア(メインWebに『水無月』が入っているのは9割がたそのせい)の僕としては、非常にありがたいレシピ。
感謝感謝。ありがとございます(^▽^)

このレシピでは甘納豆を使用。
甘納豆はもともと砂糖がついているので、砂糖控えめ。
さっぱり味の水無月が好きな方は、80g程度がオススメだそうです。

……なんだか途中から「漢の料理」くさくなってますが、気にしない方向で。
posted by 青葉和 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1497254

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。