2006年04月09日

アカザル。

chan-zh.jpg


なんだかすごく久しぶりの落書き帳カテゴリ(^^;
書いてみたのは『紅猴[hong-hou]』こと張家浩……中華職棒・興農牛(bulls)の二塁手、背番号12です。
いやぁ、書くにいたってはもう、紆余曲折ありましてね……
これに至るまでがもう、大変で。

ムネリンに似てる
と、去年のアジアシリーズで(すっげぇ一部の、日本以外にも目も向けているイケメンマニヤな)お嬢さん中心に人気を博した張家浩。
描いてみてわかりますが。
確かにムネリンかと。
まだ僕自身は描いたことがないのですが、かの絶品似顔絵の数々を生み出すカネシゲタカシ監督をして「必死で描いたらどんどんわからんようになりました」と言わしめたTUWAMONOですよ、ムネリンは。

とにかく僕にとっては、張家浩の顔の描きにくさたるや、全世界ン千万の張家浩迷さんに「対不起(ゴメンナサイ)」。

そして、さらに気づかされます。
この描きにくさ、鵜久森くん(F#65)クラス……
ば、バランスが難しすぎる……
鼻が大きい・口が大きい・目が大きい・輪郭が丸い・耳が大きい……
特徴はわかっているのに、バランスよく配置できません、ボーン。

ということで「必死で描いたら以下略」と言い訳しつつ、色塗りでごまかしましたとさ。
ごーめーんーなーさーいー!
まぁ、気が向けばリベンジします……気が向くかは不明。
ちなみに初めてPixiaでマジメに描いてみた絵がこれでした……
フィルタとか全然使いこなせないので、ブラシとレイヤだけで描いてます。
くふっ。


なお、『紅猴』の『紅』は「赤」、『猴』は「猿」という意味があります。
なので、題名は「アカザル」にしました。
(『猴』の字には「猿」の他に「利口」とか「すばしっこい」という意味もあるようですが……由来は「猿」らしいです)
posted by 青葉和 at 20:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 落書き帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いや〜私の為に有難う御座いまs(銃声)

即保存させて頂きましたー(´∀`*)
括弧内取り消し線部分のお言葉がとても痛いです。それはもうグサリとw
やっぱり描き難いですか〜…流石紅猴…。
確かに宗りんと共通点は多い気もしますが
私的に宗は軽く、家浩くんはワイルドな感じで描くようにしております。
とか言って、ただ単に宗と一緒にしたくないだけですけどね!(エェ)
しかしそうですね、うぐと同じく特徴が絵に表し難い人ですよね。
私もうぐには苦戦しています…。
また牛隊絵が見られるよう、青葉さんの気が向くように祈祷しておきますね(笑)
Posted by 輪音涼 at 2006年04月10日 00:59
>輪音たん(笑)
いやはや、気に入っていただけるならありがたいでございますよ。
ムネリンと共通点は多いですが、太もものフェr(自主規制)は張家浩の方がぶっちぎりです、と謎の力説をしてみようと思いますw
ムネリン描いてみないと、なんともいえないですけど……個人的に、ムネリンはにゃんこ系、家浩はわんこ系だと思っています(笑)
鵜久森くんは本当に難しいです(涙)

ちなみに、カッコ内取消線部分を、日本語に訳すると「ナカ━ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ━マ!」です(笑)
Posted by 青葉和 at 2006年04月10日 11:44
か・・かっこいい・・・
この子は知らんかったんですが、似顔絵に誘われて画像を検索したら・・なんですか?このヒーロー系のかっこよさは(*≧◇≦)きゃ〜

ムネリンは確かに難しそう(−−;)
鵜久森君って帽子かぶってるときとかぶってないときの差が激しい。
ご精進ください。
Posted by りさふぇるなんです at 2006年04月11日 16:57
>りさ さん
よっしゃー、仲間ひとりゲットォー!(笑)
ねねねねね、 実 物 は かっこいいですよね!!
それでいて、ちょっとボケボケしたところがあるんですよ、かわいいです(笑)
まだまだ日本では知名度低い彼ですけど……台湾のプロ野球でこのごろ青田刈り状態です(苦笑)
(そういえば蔡仲南はどこ行ったんだっけ……)

ムネリン難しそうですね……
今年中に一度描いてみたい、とは思っているんですが(−−;
鵜久森くんは、イメージが先行してしまうので、うまく描けません(;´Д`)
精進したいです……時間がほしい……
Posted by 青葉和 at 2006年04月11日 17:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。