2006年11月04日

I don't care if I never get back ....

すいません、今日はいつもに増して空気抜けてます(謎)

とにもかくにも今日は山下くん! 頑張った!
キャッチャーの柿見くんも頑張った!
みんなみんな頑張った!

打って取ったは5回10安打13得点。
春にその名を知らしめた西京極に、再びOBCが立ちました。
今日も野手交代が多いのもあって、メモがものすごいことになってます(汗)

*例によって文中一部敬称略です。
*自分の記憶とメモを頼りに書いているので、間違いがあると思います。
*致命的なものは指摘してください(切実)
*対戦相手の名前のところに貼られたリンクはJABA公式発表の結果へのリンクです。



[11/4]VS京都フルカウンツ@西京極
OBC 13 - 0 京FC(5回点差コールド)



【スターティングメンバー】
1(右)境木
2(遊)田中
3(捕)柿見
4(二)佐藤
5(D)高尾
6(三)三上
7(左)今治
8(中)三好
9(一)岩元
P   山下

【選手交代】
[投手]
山下(5回)※コールドのため完投
[野手]
3回裏:田中→中野(代打)
4回表:中野→北野(守備交代→一塁)
4回表:岩元     (一塁→遊撃)
4回裏:今治→岩井(代打)
4回裏:岩井→川原(代走→左翼)
5回表:佐藤→隈部(守備交代→二塁)


【試合内容】
僕が到着時点では前の試合の4回。
ニチダイと島津製作所の試合でした。
島津のユニを見ると三菱重工を思い出し、ニチダイのユニを見ると大阪ガスを思い出す末期症状を自覚しつつ(汗)、おとなしく見ていました。
「やっぱりフツーの社会人野球ってこんな感じだよなぁ」と思いつつ……

京都府春季大会でリーグ戦を勝ち抜き、最後のトーナメントで惜敗したことでその名を知らしめたOBC高島。
そんな思い出の残る(?)西京極球場の第三試合に登場です!

先発は“やまぴ〜”こと山下くん。
OP戦で先発(関メディ戦)したことがありましたが、公式戦では初。
どうなるんだろうという(個人的な)不安と期待が入り混じる1回のマウンド。
先頭打者にいきなり投手強襲のヒットを打たれます……
送りバントなどがあって、1アウト一・三塁のピンチに!
ブルペンが初回からフル稼働してました(汗)
しかしここはゲッツーを取って無失点で切り抜けました!
(※この辺はまだメモが淡白でした、申し訳ない)

その裏の攻撃。
「夏場は先取点」(謎)ですが、秋場だって先取点を取るに越したことはありません!
この回、先頭バッターの境木くんが上手く打って出塁。
続く田中くんの打席で盗塁を決め、さらに送りバントでランナーを着実に進めます。
この日、久しぶりに3番に入った柿見くんがここでタイムリーヒット☆
鮮やかに先制します。
この後も続きたかったのですが(柿見くんの三盗もあったんですよ!)、佐藤くん・高尾くんとも、相手投手の緩い球に合わせきれず、打ち上げてしまってこの回はチェンジでした。

先制してもらって落ち着いたのか?
山下くんの2イニングス目は、一塁線の強い当たりを岩元くんがしっかり捌いた一塁ゴロと、三振2つできっかりしめます。

その裏は、先頭の三上くんがフォアボールで出塁し、盗塁を決めます!
二代目切込隊長(?)は6番からでも切り込んできますよ!(笑)
次の今治くんは遅い球を待ちきれず、思わず振ってしまって三振……
打ち気にはやったのかなぁ……(偉そうな発言)
そうこうしていたら、岩元くんがフォアボールを選んで2アウト満塁!!
この好機に打席に立つのは境木くん。
ガツンと打つと、快足飛ばして走る走る。
三塁でも止まることなく、一気に本塁へ生還☆
(公式見るまで自信なかったんですが、ランニングホームラン!!)
境木くんならでは! の一本でした♪
ランナーいなくなった打席で、田中くんは死球を受けます(涙)
ミチタロー!!(絶叫)
痛みを堪えて(※予想)でも盗塁を決めたガッツプレーに、相方 キャプテンが応えてまたまたタイムリー!
この回に4点取りました☆

3回も山下くんは安定したピッチングを披露。
フライ2つ(だと思います、ひとつ目のアウトは見逃しました……汗)と三振でチェンジ!
流れを完全に引き寄せます。

こうなったら攻められる限り攻めたいOBC。
3回裏はまたも先頭打者・高尾くんがツーベースヒットを放ちます。
ここで相手チームは投手交代。
打席に立った三上くんはしっかり見てフォアボール。
ここで今治くんがしっかりと送りバントを決め、1アウト二・三塁のまたもチャンス!
三好くんがさらにフォアボールを選び、1アウト満塁になったところで、岩元くんが左中間に大きな一本!
(僕は一瞬、入ったかと思いました……苦笑)
走者を一走するツーベースヒットになりました☆
2アウト二塁として、打席には田中くんの代打で中野くん!
見事タイムリーを放って岩元くんを迎え入れ、この回4点目になりました☆

5回点差コールド成立(5回10点差)が目に入ったのか、4回の山下くんはヒットを集中されます。
先頭はショートの岩元くんが捌いてアウトになったのですが、ライト前・レフト前・ライト前と連打を許して1アウト満塁に!
ただ、レフト前のヒットは三塁線を抜かれたもので、三上くんが飛びついたものの、あと一歩タイミングが合わず……
でも今治くんがしっかり捌いて一塁ランナーを二塁で止めました。
そして、続くライト前ヒットでは、二塁走者が本塁を伺ったのですが、境木くんがズキューン☆ な返球(謎)を見せ、ランナーは三塁を回れず。
こうやってさりげなさすぎるいいプレーで作った1アウト満塁の場面、ピンチではありますが、選手は落ち着いてました。
打たせた打球がサード前に転がり、注文どおりのダブルプレー!
またも無失点で切り抜けます!!

いい守りができる時のOBCは攻撃もいいんです♪
4回の攻撃、先頭の佐藤くんがヒットで出塁して、さらに盗塁も決めます。
続く高尾くんはショートゴロ……で、二塁にいた佐藤くんが二・三塁間にはさまれます。
ひきつけて、逃げて……三塁に近づいたところで、ショート(だと思う)が投げた球はまさかの暴投に……
このミスの間に佐藤くんが本塁に還って1点目。
この後、岩井くんの内野ゴロの打球で三塁走者だった高尾くんが本塁突入し、見事セーフになる積極プレーがあり2点目。
岩井くんの代走に出た川原くんが早速盗塁を決めると、三好くんが得意のセンターオーバータイムリー! で、3点目。
続く岩元くんもまた大きな当たりを打って4点目。
久しぶりの打席になる北野くんがフォアボール+盗塁(※無警戒でした、となぜか注記)で盛り上がったのですが、柿見くんのいい当たりはショートの真正面!
行ったと思ったんだけどなぁ……残念ながら攻撃終了でした。

もうあとは守りきるだけになった5回表。
ショートゴロと三振でかなりあっさり2アウトを取ったところで、山下くんのコントロールが大きく乱れます(汗)
3連続フォアボールで2アウト満塁……
頑張れ、やまぴ〜!(byレフトの人)
の、声が届いたのか、最後はなんとか三振に取り、無失点で試合終了。
蓋を開けてみれば、山下くんの初先発は初完封(コールド)となりました。


<今日の余談>
田中くんのデッドボールがちょっと心配。

初回からほぼフル稼働だったブルペンは、最後の最後でもフル稼働気味でした(苦笑)
でも投げきった山下くんはお見事です。
いざとなってもマウンドを譲りたくない意地なのか、それともブルペンに対する信頼感なのか……?
メンタル面が課題のひとつと言われている投手だけに、この試合がいいキッカケになるといいのですが。

今日も川原くんは元気花丸全開でした。
こういう選手がいると、ベンチの雰囲気も全然違いますね。
まだ打席は無理のようですが、早く完全復活して欲しいです!

今日も誰かさんとか誰かさんとかにぷしゅ〜っと空気抜かれてました(謎)
試合前、ものすご〜く目があった皆様。
何で撮らないのか、すごく疑問だったでしょう!(爆)
タネ明かしをしますと、その時点で撮影枚数が200枚超えてたんです!(汗)
なのでついつい自制してしまって……
つ、次は撮らしてください!
次があればですが……_| ̄|○
posted by 青葉和 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑談@OBC高島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

大家友和サインボールを1名様に
Excerpt: カージナルズの田口選手やってくれました。苦節15年。腐らずに努力してきたことが実になりましたね。ワールドシリーズ優勝おめでとうございます。これからも更なる飛躍を期待したいです。 よく考えるとイチ..
Weblog: 滋賀のつぶやき
Tracked: 2006-11-06 11:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。