2006年11月06日

投手戦

新薬ですよ、あの新薬ですよ、京都の強豪ですよ!
……思わず連呼してしまう企業チームとの対戦。
試合は本当に……スコア以上にいい試合でした。


*例によって文中一部敬称略です。
*自分の記憶とメモを頼りに書いているので、間違いがあったらスイマセン。
*対戦相手名に貼られたリンクはJABA公式の試合スコアです。



[11/6]VS日本新薬
OBC 1 - 0 新薬


【スターティングメンバー】
1(右)境木
2(三)三上
3(捕)柿見
4(二)佐藤
5(D)高尾
6(一)中野
7(中)三好
8(左)今治
9(遊)岩元
P   遠上

【選手交代】
[投手]
遠上(9回)
[野手]
8回表:高尾→隈部(代打→DH)
9回表:中野→北野(守備交代→一塁)


【試合内容】
エースの連日先発……社会人野球の大会ではよくあることですが、まさかOBCで連日先発を目の当たりにするとは……
勝利すればダブルヘッダで決勝戦がある故、頭の痛いところです……

この試合はあまりにいい試合しすぎていて、メモがとても簡素なんです。
お互いにヒットは出るものの攻め切れなかったりとか、盗塁が刺されたりとか……
好投するOBC遠上くん、相手の新薬加藤投手……
それぞれのチーム打線がなかなか投球に応えられず、最後までどうなるのかわからない、手に汗握る試合でした。

試合が唯一動いたのは5回。
先頭の今治くんがライト前ヒットで出塁。
続く岩元くんは送りバントをスリーバントで決め、1アウト二塁に。
そこでバッターはトップに還って境木くん。
この前の打席にヒットを打っており、いいイメージがあったのか、左中間外野の深いところへ打ち込むタイムリーツーベースヒット!
結局この1点を守りきってOBCは勝利しました。

7回から、相手はエースの田中投手が登場。
右の横手から速い球が来ていて、さすがだなぁと思いました。
それでもOBCは叩きつけるバッティングで対応し、8回は内野安打2本で追加点のチャンスを作りました。
しかしそこは投手の意地、後続は確実に抑えられました。

9回に最後のピンチ。
ノーアウト一・二塁になってしまいます。
ここで伊藤監督がマウンドへ檄を飛ばしに行きます。
何としても堪えたい遠上投手、ここは上手くショートに打たせ、岩元くん−佐藤くん−北野くんと渡る6−4−3のダブルプレー成立で2アウト三塁に!
この三塁ランナーが還れば延長……相手投手を打ちあぐねているOBC……
いろいろな心配がよぎりましたが、最後は高〜いセカンドフライに打ちとって試合終了となりました☆


<今日の余談>
試合前の挨拶がなかったです。
いえ、別に根に持っているわけではなく、平日ってやっぱりお客さん少ないのが普通だなぁという意味で。
そして、それでもいらっしゃった高島市の皆さんがすごいなぁと。

実は最初、企業チーム相手ということもあってか、ものすごくプレーが硬く見えていたんですが……
1回表が終わるころ、高島市の方々が応援に駆けつけていらっしゃったんです。
そこから一気にチームの雰囲気が良くなりました☆
本当に、チームと地域でいい関係が築けてるんだなぁと思いました。

唯一のタイムリーを放った境木くん。
試合中ものすごいテンションでした。
まさに、言葉に表せないくらい。

本当に余談というか、僕の印象なんですが。
柿見くんのプロテクタ準備の間、投手の球を代わりに受けていた仲田くん。
初めて見た5月ごろに比べると、捕手の雰囲気が出てきたなぁと思いました。
試合でコンスタントに出るにはまだまだのようですが……楽しみです。
posted by 青葉和 at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談@OBC高島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも、詳しく試合内容ありがとうございます。もう1度観たい!!と思う試合を本当に観ている気になれます。試合は昨日で終わってしまいましたが、また来シーズンが楽しみになってきましたね!!
Posted by kiyo-p at 2006年11月07日 10:56
>kiyo-p さん
前回ダメ出しを頂いたので、ちょっとだけ頑張ってメモを取ってみました(苦笑)
でも間違ってるだろうなぁ〜(汗)
本当にこの試合はいい試合でしたよね!
“これぞ野球!”って感じの試合で。
ホント、来シーズンが楽しみです♪
Posted by 青葉和 at 2006年11月07日 18:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26900781

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。