2007年04月10日

礎 -ISIZUE-(07.04.07 VS関電G)

遠征恒例(謎)道程記事でも書いたとおり、球場一番乗りでした(^^;
そりゃーねぇ……
8時5分に宝殿に着いてちゃねぇ……(苦笑)
球場着いたのが8時半回るくらいでした。
その時点で、外野では例の雄叫び(?)が……何時に着いてたの!?
長い道のりをおつかれさまです。

さて。
この日の試合記事は2試合分あるのでできるだけ簡潔にまとめていきます。
文中一部敬称略です。
間違いがあったら、ヒッソリと教えて下さい。
全力でツッコミしないで下さい、お願いします(謎)



07.04.07 VS関電グループ硬式野球部@高砂市球場[高砂市長杯]

OBC 7 - 6 関電G
関電G|000|012|4 |6
OBC|002|221|x |7

※大会規定により7回まで


【スターティングメンバ】
1境木(右)
2中村(三)
3三上(一)
4深山(中)
5岩元(遊)
6福島(D)
7今治(左)
8隈部(ニ)
9北村(捕)
P永田


【選手交代】
[投手]
永田(7回)※完投

[野手]
(なし)



【想い出ボヤボヤ】
高砂市球場は内野のネットが皆無(フェンスのみ)という恐るべき球場です。
横浜スタジアムがネット取っ払って話題になりましたが、それより絶対早い……
でも、ここは防護板などがないため、自衛せねばなりません(爆)
ファウルボールには本気でお気をつけ下さいませ!
特にお子様連れの方!!
翌日の試合では、ファウルボールが座っていた子どもにぶつかってました……(汗)
写真撮りにはたまらない球場ですが、晴れてさえいればねぇ……(^^;
球場そのものの雰囲気は、今津スタジアムをそのまま大きくした感じだと思いました。

小雨がぱらつく中、アップとノックをする両チーム。
一度対戦しているとはいえ、まぁ、お互いいろいろあった約1年だと思います。
両チームあいさつの時、坂口くんのみならず横井コーチも選手の列に並んでいて、
どうしたのかと思ってたんですが、高砂大会パンフをみて納得しました。

いつの間にか兼任登録されてるー!?
(坂口くんが外野手兼任、横井コーチが内野手兼任)

……と、なるとアレですな。
来るべき日のためにヒデミ☆コールを練習しなきゃいけませんな(ぇ


さて、試合のほうはOBCが後攻で始まりました。

まず守る1回表。
……が、始まった直後は観てませんでした、スイマセンでした_| ̄|○
返ってきたら1アウトになってました……
2アウト目は空振三振!
さらにショートゴロで打ち取り、この回は三者凡退☆
先日の試合を髣髴とさせる、見事な立ち上がりです♪
(0− )


1回裏。
先頭の境木くんが。
いきなりサードのエラーで出塁します。
続く中村くんが送りバントを試みますが、確か2ストライクになってヒッティング。
その打球がライト前に飛んでいく!
一走だった境木くんは一気に三塁を狙います!!
が、ここは送球が一歩早く、境木くん三塁タッチアウト。
この間に打った中村くんは二塁へ進みました。
スコアリングポジションにランナーをおいて、三上くんの打球はサードの前。
当たりがよくて、中村くんは二塁から動けず、三上くんが一塁でアウト。
四番・深山くんの打球はピッチャーの真正面に行ってしまい、初回は無得点で終了。
(0−0)



2回表。
四番から始まるイニング。
先頭打者が打った打球は、一・二塁間!
隈部くんが飛びつきましたが、打球はそのままライト前に抜けました。
次のバッターはキッチリ送りバントを決めて、1アウト二塁。
長打は打たせたられない場面で、六番バッターにはセカンドゴロを打たせました。
この間にランナーは進塁し、2アウト三塁に。
絶対にこのバッターで切りたいところで、
永田くんのボールはストライクゾーンを射抜きます☆
三振で3アウト目を取り、この回も無失点でした。
(0−0)


2回裏。
こっちは5番から始まる打順。
先頭は岩元くん。
と、ここで気がついたことが1つ。

070407_01.jpg

B C 高 島 で す ! ! ! (爆)
(そして、やたら美しく書かれている三上くんのボードが気になってしかたない)

さて、気を取り直して岩元くんの打球はピッチャーの正面に撥ねてアウト。
続く福島くんは、センター前にはじき返し、1アウト一塁に☆
投手はランナーが気になるのか、やたら牽制球を受ける福島くん。
一度、帰塁時に胸の辺りを打ったらしく、試合が止まる場面もありました。
いいランナーなんだけど、せっかく帰ってきたんだからケガしないでね!(><)
今治くんの打球は……セカンド正面。
4−6−3でダブルプレーになってしまいました……なんか悔しい。
(0−0)



3回表。
先頭打者をしっかりサードゴロで打ち取ると、続く九番はこの日3つ目の三振☆
このままサクッと終わりたいところ。
でしたが、ショートゴロの球を岩元くんが遊んでしまい、一塁はセーフ。
三上くんが体をめいっぱい伸ばして球を迎えにいったんですが、間に合わず。
しかし、続くバッターはしっかりショートゴロに打ち取ってチェンジ!
バッティングで取り返そう!!
(0−0)


3回裏。
隈部くんの打球は、高く上ったショートフライ……
かと思いきや、なぜかサードもショートもレフトも取らずに地面に落ちました。
声掛けが不十分だったのかな?(声は掛け合いましょう……安全のために。涙)
いずれにせよ、先頭が出ました!!
ラストバッター北村くんは初球から送りバントの構え。
それをピッチャー前にバッチリ決めて、1アウト二塁のチャンス再び!
本当に北村くんって無難にバント決められるからすごいなぁ。
無難にって、実は相当難しいと思うんですよ、僕は……
さて、次のバッター境木くんの打球は緩いサードゴロ。
境木くんがアウトになる間に、隈部くんが三塁へ進みます。
続く中村くんはじっくりとフォアボールを選んで2アウト一・三塁!
ここでバッターボックスには、いまやOBCの副砲に座る三上くん☆
そしてやはり期待にこたえてくれました、タイムリー!
隈部くんが還って1点先制♪
なおも2アウトながら一・二塁の場面で、深山くんの打球はセンター前!
二塁から中村くんが躊躇なく一気に走って、2点目が入ります☆
さらに岩元くんはレフト前ヒットで、2アウト満塁のチャンス!
福島も続いて畳み掛けたいところでしたが、サードゴロになってしまいました……
でも、この回2点を先制しました(^^)v
(0−2)



4回表。
先頭バッター三番にフォアボール。
この時、某所に移動していたので「あれ、フォアボール?」って感じでした(汗)
ノーアウトのランナーは、四番のファーストゴロの間に二塁へ。
さらに五番のサードゴロの間に三塁へ進み、2アウト三塁。
で、ここでも落ち着いていたバッテリーは三振を奪います!
すごいすごい。
(0−2)


4回裏。
今治くんが初球から叩いて(いったような気がする)センター前ヒットで出塁。
隈部くんの打球はレフト前で一・二塁♪
ここでまた、北村くんがキレイに送りバントを決めて、1アウト二・三塁のチャンス!
境木くんの打席で、バッテリーミスが出て、その間に今治くんが生還。
1点を追加☆
で、境木くんの打球はピッチャーゴロ。
もう記憶が曖昧になってるんですが、確か隈部くんが三本間に挟まれてたような……?
隈部くんがアウトになり、境木くんが一塁に残ります。
続く中村くんの打席で盗塁を決め、2アウト二塁の再びチャンス。
そこで中村くんの打球は……ドカンと右中間を襲う特大三塁打☆
悠々と境木くんがホームに帰ってきて,
さらに1点追加です♪
三上くんの打球は、ピッチャーのグラブに納まって、攻撃終了。
この回に計2点を追加しました!
(0−4)



5回表。
七番の打球が岩元くんの頭上を襲います。
これはレフト前に落ちたな、と思った瞬間、打球の向きが変化。
あれー、グラブに当たったよー?
ダイレクトでは取れず、先頭バッターが出塁します。
次の八番に送りバントを決められて1アウト二塁。
そして、九番にレフト前のヒット。
境木くんの返球も中継プレーもうまく働いたと思ったんですが、
間に合わずに1点返されます
この間に打者は二塁まで進み、なお1アウト二塁の状況。
ただ、この後はレフトフライと三振に切って取り、1点で反撃を絶ちました♪
(1−4)


5回裏。
取られた分は取りたい。
OBC攻撃は深山くんからで、フォアボールを選びます。
岩元くんの打球は残念ながらレフトフライに。
1アウトから福島くんはバントを狙います。

070407_02.jpg

自らも生きようとするバント?(↑こんな感じ)
なのかなと思いましたが、福島くんアウトで2アウト。
ランナーを二塁において、今治くんはレフト前にヒット☆
隈部くんの打席で完全に無警戒だった隙に二塁に盗塁して2アウトながら二・三塁!
隈部くんの打った打球は……セカンドフライ……かと思ったら、
セカンドが落球してしまい、その間にランナーが2人とも生還しました。
続く北村くん、ようやく打てる打席になりました(苦笑)
しかし、北村くんの打球はレフトフライになって、攻撃終了。
この回には2点を追加しました!
(1−6)



6回表。
このあたりからまた一段と雨脚が強くなってきました。
永田くんは先頭バッターにライト前を打たれると、
四番は空振三振にしとめるものの、続く五番に右中間を抜かれるタイムリー二塁打。
1点を返されます。
しかし、この次の打者の打席、北村くんがよくランナーを見ていました。
六番が送りバントで球を空振ったとき、走者のリードが大きかったのを見逃さず、
北村くんはすかさず二塁へ牽制送球!
ランナーが戻れずにタッチアウトになります☆
いいキャッチャーだっ☆(でも肝心なところ、写真取り忘れてる。苦)
ランナーなくなったところで、永田くんはまたまた三振を取ります。
1点返されましたが、光る守備も見られたイニングでした。
(2−6)


6回裏。
取られた以下同文。
で、先頭の境木くんは久々に出ました、右中間を深々と襲う三塁打!
中村くんはセンターフライを放ち、これが犠飛となって1点追加です☆
中村くん、何打点ですか……
そして、三上くんはフォアボール。
どんどん続いて行きたいところですが、深山くんの打球はセカンドゴロ。
三上くんが二塁でアウトになり、深山くんが一塁に残ります。
岩元くんがショートゴロに倒れて、この回は1点で終了でした。
(2−7)



7回表。
「ハラハラした」とお伝えした方々が一番気になってるイニングだと思います(爆)
この回は先頭の七番をショートフライに打ち取り、
このテンポで行くかなと思ったんですが……
八番への代打にフォアボールを出すと、九番への代打にはライト前ヒット。
1アウト一・二塁で、トップに返った一番はレフト前ヒットで満塁に……
ここから二番にセンター前ヒットを打たれ、1点返されます
三番は三振に取りましたが、四番にはレフト前へのタイムリーを打たれ、さらに2点
ちょっとバテちゃってたのかなぁ……
五番にはフォアボールを与えてさらに満塁とすると、バッテリーミスで1失点
1点差まで詰め寄られます……
たまらず内野に集合すること2回(内、コーチ登場1回)
最後は……なんだったっけ(ぉぃ)
写真を見てると、三上くんがボール持ってるので、ゴロだったのはわかるんですが……
メモをし忘れました、ゴメンナサイ。
けれど最後の最後は踏ん張って、永田くん完投勝利です☆

//



僕の知りうる限り、永田くんの最長登板でした。
雨が降って集中しにくい環境の中、よく投げたなぁと思います。
永田くんもよかったけど、守備陣もよかったです。
北村くんの地味なんだけど“生きている”送りバントもよかったなぁ。
とにもかくにも1勝は1勝。
あと1つ勝てば、決勝トーナメント進出! です☆
タグ:野球観戦記
posted by 青葉和 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談@OBC高島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38058121

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。