2005年07月16日

由田ボードを作りましょ♪

色々予定が狂っちゃったのですが、由田ボード作ってみました。
コンセプトは『切り絵風』。
いちおう、どうやって作ったか書いておきます。

が、よい子は真似しないでください。
かーなーりーの荒業です_| ̄|○



(1)下準備
ex13.jpg
参考にする写真をコマで割っておく。
どのくらいのスパンで割るかは、個人の感覚。
僕はちょっと粗めかな。
あと、今回はシルエットにするので、輪郭を別の色でとっておきました。


(2)
ex14.jpg
スケッチブックの方に線を引いてコマ割をする。
この線のスパンを調整することで、拡大・縮小がとっても楽に(笑)
転写台(ライトボックス)があれば、こんな工程いらないんでしょうけど(苦笑)
これをやると、本当に次の工程が楽なんスわ。


(3)
ex15.jpg
枠を頼りに、さっきのコマ割した写真を参考に、輪郭線を描く。
コマ割しておくと、絵に自信がない&バランス感覚に自信がない人でも、書きやすくなるので。
それと、ちょっとバランスが悪いから配置換えようかなーというとき、コマをずらすだけで配置換えが出来て超便利(笑)
※書くときはやわらかい鉛筆(2BとかBとか)で、力をいれずに書くこと!
消すときに消えにくかったり、後が残ったりして大変です。


(4)
ex16.jpg
下書き完了図。
明らかに余分な線は消しゴムで消去。
※画用紙なので、消すときは「力を入れず、小刻みに動かす」こと!
そうでないと毛羽立ちます。
絵の具で塗る場合はとくに毛羽立ちに注意。毛羽立ったところが滲みます。


(5)
ex17.jpg
最初はモザイク画風にする予定だったけど、そんなセンスはないので、あきらめ。
でもすでに買ってしまっていたので、切り絵風に急遽方針変更。
使用したのは、青色のシール3種類。
でかいのからφ15、φ9、φ5。


(6)途中経過
ex18.jpg
自分の気力とわずかばかりの感性を信じてひたすら貼り続ける。
ちょっと疲れたので、この辺で一回プロ野球チップス休憩(ぇ


(7)完成図
ex19.jpg
暗いところに入れるとコントラストがわからなくなるので、ベタ塗りと見分けが付かない_| ̄|○
まぁ、ひとまず完成です。
間近で見るとうろこがいっぱいあるみたいに見えます(笑)



さぁ、このボードを明日出すことは出来るのか!?
っつーか、それ以前にお天気は大丈夫なのか!?
posted by 青葉和 at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。