2005年08月25日

OCEANIC DEEP〜悲しみと怒りと【OCEANIC DEEP】

 飲み込まれるような圧倒感
   抗うでもなく流されるでもなく



ミニアルバムのタイトルにもなっているピアノソロ曲『OCEANIC DEEP』と、アルバムのラストトラック『悲しみと怒りと』。
本当は別の曲なのですが、一続きで考えるのが一番しっくり来ます。
ライブでも『OCEANIC DEEP』と『悲しみと怒りと』は連続しているそうなので……
いや、僕が一度だけ聞いたときも連続していましたです、ハイ。


『OCEANIC DEEP』はピアノソロ曲。
fujicoさんの作曲だそうです。
最初聞いたときに、ドラマやRPGゲームのエンディングっぽい曲だなぁと思いました(発想が貧相)
起承転結というんですか、メリハリがすごくしっかりした展開で……
何より、fujicoさんピアノ上手いです、さすがです。
インストはコメントしづらいなぁ(苦)、いっぺん聞いてください。
曲の展開、盛り上がって、静かになって、そしてまた盛り上がって、そのまま『悲しみと怒りと』へ……


『悲しみと怒りと』は出だしからビオラのパワフルな音に圧倒されます。
壮大でエネルギッシュ、悲しく切なく、力強く……
そんな感じです。
サビの部分を歌うSHIGEさんの声の強さにもびびらされますが……
「張り裂けそうこの胸 悲しみと怒りに溢れ あなたを呼ぶ」
このくだりに、頭の中がカーッとなります。
変な言い方ですが、別に怒ってるんじゃなくて(苦笑)、頭が熱くなるというんですか、一気に興奮状態になってしまいます。
だからコメントが短い(苦)



SHIGEさんの書く詩って、世界観が狭いのか広いのかわかんないです。
一応これ、褒めてます……だって、普通そうじゃないですか。
普段、世界なんて意識しないと思うんですよ。
だから、世界観が狭くても問題なくて。
ただ何かきっかけがあって視野が広がったとき、世界観も突然広くなるわけで……。
見えていたはずなのに、ただ意識していなかった何かに気づいたときのような、そんな感じがSHIGEさんの詩にはあります。


褒めてばっかり(?)でちょっと自分でも気持ち悪いです(笑)
だって実際にお会いしたらGUNSHYの皆さん、ステキな方たちばっかりで……
GUNSHYのファンの皆さんも、いい人たちばっかりなんですよ。
って、SHIGEさんが聞いたら「俺がイイ人だからな」とか仰りそうですが(苦笑)
なんかこの『OCEANIC DEEP』、ステキな宝物を見つけた気分。
とってもステキな宝物だけど、誰にも見せたくない、そんな感じです(笑)

やっぱりね、夢は持っていてこそ価値があって、実現に向けて努力してこそ意義があると思います。
GUNSHY、遠隔地(笑)からでも応援してます!



GUNSHYオフィシャルWeb:http://gunshyweb.com/
posted by 青葉和 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽鑑賞生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。