2005年09月28日

「対岸の火事」が「明日はわが身」になって

去年の今ごろ、ようやく鎮火を見せ始めた対岸の大火事が、いつ自分のところが火元になるのかとわかって初めて、去年起きた事件の『異常さ』がわかった感じの有力メディア

去年も一部のメディアにとってみれば、事件が起きたのは「自分のところ」だったわけですが……
まぁ、村上ファンドは投資による利益だけを追求するものなので、別に球団を保有したいとか立て直したいとかそういう感覚は皆無みたいですが。
ただ一番怖いのは、村上ファンドが株を売却したとき、どこ(誰)が株を保有するのかということ。
真空炉ぐらいドライな人らなら、いろんな意味で安心できるんですが……


とりあえず、阪神のマジックはあと3。
球場外の話題はさておいて、がんばっていきましょう♪(^−^)
posted by 青葉和 at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談@虎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7423360

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。