2005年10月23日

想い出ぼやぼやin宮崎2日目〜みつめあう、ふたりの間〜

2日目は比較的のんびりな感じでした。
が、この日に唯一書いたメモノートがえらい事になっています(B5のB罫ノートで2ページ強)
うーん、我ながら、アホ。

3日目の日記は⇒こちら


観光協会に尋ねておいたバスでアイビーに向かうべく、ホテルを出発。
最寄のコンビニで昼ごはんを調達して、15分くらいバスを待つことに……
しかし、アイビーの方へ行くバスが1日に6本程度なのに、それ以外の宮崎神宮行きや宮崎駅行きは5分間隔で来るというラインバランス(^^;
でもちゃんと、お客さん乗ってるんですよねー。
ちゃんと計算されてるんだなぁと、工学部的発想。

やっとのことでバスが来て乗ったのは合計で5人くらい。
しかもほとんどの人が途中の記念病院で下車(^^;
最後まで乗っていたのは僕とsarahさんだけ(苦笑)
『有田』というバス停で降りて、地図を広げてみて5歩くらい歩いたら、もう地図は不要でした。
だって、田んぼの向こうにカクテルが見えるんだもん(笑)
なんかもう、田んぼのど真ん中に突如現れたスリバチって感じでしたよ。
おかげでバス停からは迷いませんでしたし、歩いて15分くらいだったんですが、全然苦になりませんでした。
ただ最後、横断歩道で待っていて「なかなか変わらないなー」と思ったら、ボタンを押すのを忘れていて(^^;
田舎だ田舎だと言っている地元でも、通勤時間帯から夜間までは押しボタンを押す必要がないため、ボタンを押すという発想が欠落していました(^^;;
で、ナニがすごいって、ボタンを押した瞬間信号が変わったこと。
交通量が少ない分、この辺の反応は早いようです……

何とかアイビーにたどり着いて、真っ先に目に入ったのは、サーパス連中!
メイン球場のアイビースタジアムではハムが打撃練習中でしたが、隣の第二球場でサパ連中がアップを開始する時間だったのです。
「わー!」となりながら見学。
どこに誰がいるのか、アンテナを立てました。
宮崎で正常に動く保証はどこにもありませんでしたからね……
最初に確認取れたのが健太ちゃんとはどういうことだ、青葉よ。
由田くんより感度がいいとは一体……

そして驚いたことに、いつ行くとか、どこへ行くとか、全く打ち合わせをしていなかったのにジェイコさんに遭遇(^^;
塁は友を呼ぶ……じゃなかった、類は友を呼ぶ、ということかしら。
ちなみに先日、北神戸に行った最後の試合でお会いしたラジオ大阪のともじゅんさんにもお会いしました。
ぶっちゃけ、今回の宮崎行きを決定的にしてくださったのは彼女です……ありがとうございました、来てよかった。

最初のストレッチは投野合同。
米村コーチの元気な声にあわせて、全員でストレッチや軽いアップをこなして行きます。
やっぱりあの中では、山口カズくんや豊司さんは頭ひとつ飛び出して見えますから、すぐ見つかります。
逆に裕次郎(ちっちゃい)や金子くん(白くて細長い)も見つけやすいですけどね。
アップ終了間際、サカグッちゃんが「よっしゃあ、30度ぐらいになってきたー!!」と突然叫んだのにはびっくり。
何があったんだ?
と、思った端から米村コーチが「45度ぐらいにしていくぞ!」と。
ななな、何の指標!?Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

その後、投手と野手に別れてアップ開始。
なんですが、僕はハム側に見たい人がいたのでアイビー球場の中へ。
めちゃめちゃきれいな球場でした。
バリアフリーも行き届いているし……
入ったら早速、紺田くんの所在確認。
わーん、鎌ヶ谷の交流会以来〜(涙)
そしてなぜか、サネより先に見つけた駒居くん(笑)
なんか彼の、いかにも「京都」な雰囲気がすごく好きで……
だってプロ選手で京都出身で有名なのって、斉藤カズちゃんですよ_| ̄|○
あのキッツイキッツイ威圧系……駒居くんで癒されたいと思います(謎)
まぁ、駒居くんが気になるのは、同い年っていうのもあるんですけどね。

しばらく見ていたら、サパ連中も球場の中へ。
何名かの挨拶タイム開始。
由田くんはハムベンチまで出向。
鶴岡くん&紺田くんと軽くトークをしていました。
そのあと、トスバの準備をして、ボールケースの上にお座り(!)
組の大西くんをひたすら『待て』といわんばかりに待機。
そのうち、待ちくたびれて素振りを開始するも、大西くんが近づく気配を感知した途端、改めてケースにお座り(笑)
かわいすぎる〜!!
しかし、(由田くんをほっぽらかしてた)大西くんと後藤さんがひちょりとしゃべっていたのはびっくり。
いや、ひちょり&大西くんはわかるけど、なぜそこに後藤様が……?
そうそう、真っ先にチェックしたのは、後藤様のおみ足。
ズボンのタイプがちゃんと、スパイクにすその紐を引っ掛けるタイプであることを確認。
髪の色も、髪の長さも同じ雰囲気なので、完璧に裕次郎とかぶる_| ̄|○
というか、一瞬どっちかわからない。本気な話_| ̄|○

なんとなく気配を感じて、球場から外を見てみると、招待された幼稚園児が嶋村さん(以下イッキさん)&田中くん(以下アキラ)がお出迎えをしていました。
イッキさんはわからないけど、アキラはとっても子ども好きそうな感じで、子どもと目をあわすたびに、あの黒目がちのつぶらな瞳をにっこり細めてました。
ドキドキ。ちいさくなりたい。
あー、絶対アキラ、結婚して子どもが出来たら子煩悩になるよ。
ちなみに、ネット裏から見学している幼稚園児たちに真っ先に近づいていったのは前田さん。
明らかに『イケナイコト』を教えている雰囲気がプンプン(笑)
思わず「いいからこっちにいらっしゃい!」と首根っこ引っつかんで引き剥がしたい衝動に駆られましたよ(笑)
ただ、そのあと、サカグッちゃんと横山ゴンちゃんまでもが!
あなたたちっ!!(笑)
ちなみに、サパの幼稚園児応対はイッキさん&アキラでしたが、ハム側の園児対応は尾崎くんがやっていました。
そのおかげか、やたら声援を送られてましたよ、オザッキー(笑)

さて、試合前練習を目撃しながら、由田くんソロデビューの危機に際して、新メンバー加入かとドキドキしながら見守っていたのですが、どうやら由田くんは大西ちゃんやサカグッちゃんや裕次郎あたりとしゃべっているようでした。
新メンバーって『モーニング娘。』かよという感じですが。『サーパス少年隊。』?
トスバッティングは由田&大西ペアと、イッキさん&アキラペアが基本のご様子。
うーん、しかしつるむ相手が今季一軍にずっと居ついていた大西くんだと、サパではやはりソロデビューになっちゃうのかな……?
まだまだわかりませんが。
ただ、この日のトスバ中のアキラがめちゃめちゃかわいかった……子どもを見て和んだのか、周波数が合うのか(爆)、すごくご機嫌でした。

来年からサパ監督就任がほぼ決定的になっている大石コーチは、この日も3塁コーチに立っていらっしゃいました。
1塁コーチは内匠(タクミ)さん。
あー! タクミさんだー!!
と、テンション高くなった僕は、スイマセン、確かに赤(藤井寺バファローズ)出身です_| ̄|○
マキヒサくんが好きでモリーも好きで藤井寺好きだったんだもん!(謎の力説)
現役時代も結構好きだったんだよなぁ、タクミさん。
生で見ることはかないませんでしたが、テレビでちょくちょく見かけてたし……パワプロではお世話になりました(謎)

さて、試合の方なんですが……
由田くんは7番レフト、紺田くんも7番レフトでスタメン!
もう、レフトに張り付くしか(笑)
そういうわけで、レフトの真横のポジション(ブルペンの裏になる)に行ってみて、超テンション上がりました。
由田くんの声がめちゃめちゃよく聞こえるんです!
センター大西くんの声もよく聞こえましたけどね(笑)
「こっちこなくても大丈夫だから」に「ハイ!」と素直に答える由田くん
あああ、ダメだよ、ますます好きになっちゃうよ……

ハムでは紺田くんが出塁、健太ちゃんの執拗な牽制にもめげず盗塁を決めました。
そのあと、一本で本塁を狙うものの、ライト後藤のレーザービーーーーーーーーーーーーーーーム!に阻まれました。
いやー、すごかった。
後藤さんの一直線にホームに突き刺さるストライク返球(オマケに球がめちゃくちゃ速かった)、そしてゴンちゃんのナイスブロック!
あそこでこぼしていたら、好投していた健太ちゃんとはいえ崩れていたことも十分考えられます……
アレはもうね、しびれたよホント。
そもそも何で後藤さんがエラー多いかって、暴投のエラーが多いわけであって、投げてOKなゾーンが広ければ広いほど、安定するんじゃないだろうかと。
プレーオフでシダックス・野村監督が「バックホームは山なりにしたら意味がない」と仰っていたが、彼ならもう、どこでも一直線で投げられるのではないかと思いました。
(ベイの南くんには、さすがにかないそうにないですが)
後藤さんは足もありますし、肩もありますし、ただコントロールがヤバスなだけであって、外野で十分やっていけそうな感じでしたよ。
ナイトゲームでどこまでやれるかは未知数ですが。
ただ、レフト⇔ライトで守備位置変更後、ランナー1塁からのレフト前のヒットに追いついた後藤さんは、ノーカットで2塁へ投げていました。
ストライク送球だったからよかったですけど……(^^;
そのあとやっぱり、(年下とはいえ)カットに入っていたイッキさんに「ちゃんとカットに投げてくださいよ!」みたいな感じで怒られてました。
でも動じない、それが後藤クォリティ。

ハムのほうでは島田さんがベンチのコーチの定位置にいらっしゃいました。
もうコーチとして働いていらっしゃるようで。
ただ、試合開始前の片付けのとき、なぜかボールキャリーを島田さんが押していらっしゃったのですが(汗)
誰か変わって差し上げてっ!(苦)
ハムの先発は江尻さん。
なんとアイビーの球速計で156キロを計測(汗)
嘘だー! どう見ても140キロ台後半の球だったぞー!!
なんだかんだいって、いい投球していたんですがねぇ。
ちょこちょこと点を取られてしまいました……
いや、純粋に健太ちゃんの出来がよすぎたって説もあるんですが。

さて、ライト後藤をチェイスして一塁側ブルペン裏に回ってみたとき、ブルペンでは井場さんが投げていました。
うーん、この雰囲気、すっげぇ好き。
そういいながら、後藤さんを撮ったら、めっちゃカメラ目線でした(瀕死)
ただ、Kissたん(相棒のカメラ)は全く動じなかったので、この子はちゃんと後藤さんと裕次郎の見分けがつくようです。持ち主が見分けついてないのに(爆)

3塁側ブルペンでは、近藤くんや豊司さんなど、モーション規定に引っかかりそうな人たちが徹底的にフォームチェックしていました。
特に豊司さんは谷村コーチのお気に入りということもあってか、かなり念入りにやっていました。
今日の試合では、健太ちゃんがあまりによく投げたので、投手陣は気楽にやってましたよ。
相木先生なんて、途中からボールボーイ化してましたし(汗)

試合後、サパの投手は第二球場へ、野手は室内練習場に移動して練習開始。
ハムの投手陣は外回りでランニングしていたのかな?
野手陣は球場で特打などをこなしていました。
ケージは飯山さんとサネ。ロングティーはひちょりだけ。
駒居くん&鶴ちゃんコンビと、うぐたん&市川くんコンビはそれぞれトスバッティング。
佐藤ゴリくんは一人でフォームチェックしていました。
紺田くんと工藤ちゃんはセットで、ゴロの捕球→送球の姿勢についての指導を受けていました。

一通り眺めたあと、外の練習を観に行きました。
投手陣の練習はもう、お開きという感じでした。
相木先生と高木ちゃんとユウキくんは3人でペッパーやってました。
相木先生、2人にイヂメられていたようで「無回転球は卑怯だろー」とか、大人気ないことを言っていました。
で、外でもやっぱり谷村コーチに付っきりで指導されている豊司さん発見。
野村さまとキャッチボールをしながらフォームチェック。
……と、ここでグラウンドの逆方向から「だーーーーーーっ!」という叫び声が(笑)
誰かと思ったら裕次郎(笑)
裕次郎&アキラで二遊間を組んで、間を抜ける打球処理の判断や、あるいは捕手(長田くん&ゴンちゃんが居ました)からの牽制球を取りに入るタイミングの確認など、かなりハードな練習をしていました。
アキラも裕次郎も最後はドロドロだったし。
ただなぜか、裕次郎の声ばっかり聞こえてきました。
「ゴメン!」とか「今のは違うー!」とか(笑)
大変だなぁと思ったら、投手陣の方からは「投げるな言うたやろ!」と、谷村コーチの雷がドカンとユウキくんに向かって投下。
あらら、ノースローだったのね、ユウキくん……
で、懲りたのかそのあとは柴田くんに組み技かけて遊んでいました。
かーなーりー妖しい雰囲気で(笑)
しかし翌日、柴田くん先発したのにはびっくりしました。
わかっててやってたの、ユウキくん!?

恒例になりつつある出待ちでは、ついに裕次郎にワンショットを願うことが出来ました。
『裕次郎に惚れてる疑惑』のあるKissたんなんですが、そこはバッチリシャッターを下ろしました。
うーむ、必死で否定している感が……
って、この話をしだすとツッコミが各所から来るのでやめときます_| ̄|○
あ、それから早川大輔さんにもワンショットをいただきました♪
もう、本当にステキな方で。
写真写りが悪くていらっしゃるのが純粋にもったいないなぁと本気で思うわけです。

それでですね。
やっぱり由田くんを捕まえようとしたら、帰る前にトイレに行っちゃってですね(爆)
仕方がないので、トイレの出待ちをして(イヤン)、出てきたところで声をかけました。
ちゃんと訊きましたよ。
「わたしが絵を差し上げたの覚えていらっしゃいますか?」って。
や っ ぱ り 覚 え て ま せ ん で し た !
……大丈夫です、想定の範囲内です、ショックはありません。
仕方がないので「あれ、由田さんを描きましたから! 言い忘れてましたけど……」とだけ言伝てたら「あ、そうなんですか(汗)」と。
なんか初めて、表情をマトモに出してくれた気がしました。
(汗)って書きましたが、顔は苦笑いみたいな感じの笑顔で。
多分、バスの中で僕に会ったことは忘れるでしょうけど、わずかでも表情の変化を見せてくれたことが嬉しい。
……証拠写真を持っていくべきだったか_| ̄|○

そのあと、sarahさんがアキラにサインをもらうのに引っ付いていく。
バットケース+ベースボールバック+水ペットボトル2本+スパイクケースという大荷物のアキラ。
思わず「荷物持ちましょうか!?」と声をかけてしまいましたが「あ、大丈夫です!」と。
バットケースを体に預けさせ、その上に水を乗せようとするアキラ。
って、明 ら か に 無 理 で す か ら ー !
案の定、水が一本落下(汗)
即座に拾う僕……仕方のない子だな、とか思いながら。
サイン後、水を渡しながら、せっかくなので「わたし同い年なので応援してます、がんばってください」といったら「あ、ありがとうございます」と。
そういえば、北神戸ではすぐに囲まれてしまって、こういう風に話しかけることなんて不可能ですもんねぇ。
間近で見ると真っ黒な瞳と、真っ黒の髪、柔らかい顔がステキでした。

あと、高木ちゃん&健太ちゃんはやっぱりセットで行動。
出てきたところで「お疲れ様でーす」といつも皆さんに言うのと同じように声をかけると、健太ちゃんも「お疲れでーす」と……返してくれたのですが、そのあとなぜか2秒ほど目が合ったんですが(滝汗)
つっても、見つめあってるというよりは、視線の間に火花バチバチというか、ああいう感じの目の合い方(謎)
あー、ベンチ前キャッチボールしているところを写真に撮ってたのを覚えられてたのかなぁと……
もしくは「こいつ、いくつなんだろう」みたいな。
そうでなければ、何かライバル視されているとしか思えないんですが。
何のライバルかは知りませんが。

サパバスを送った後はハムの出待ち。
一歩どころか四歩も五歩も早く出てきたスタッフ陣は、外で何か遊んでいらっしゃいました。
その中にいる関根さんに、どれほど声をかけたかったことか!!
相変わらずステキすぎて涙出そうでしたよ。
何のしがらみもない、はじけた様な関根さんの笑顔に、僕は癒しをいただきました。
さて、ハムは結構急ピッチで退出準備。
その中で必死によっさん(吉崎さん)に声をかけました。
いや……実はいろいろ事情があるんですが、とにかく一度、サインをいただきたくて。
……一番は「実家のお店の名前を教えてください!」と訊きたかったんですが、さすがにそれは出来ず(爆)
で、サインをいただきました……ありがとうございました。
紺田くんはぎりぎりに出てきたの声はかけられませんでした。
江尻さんなんて「もう誰も居ない?」「もう一人います!」と騒がれた頃にようやく出てきたし(汗)
危ない危ない、危うく放置されるところでしたよ、江尻さん……
で、ハムバスを手を振ってお送りしていたら、なんとひちょりが大きく手を振って答えてくれました(感涙)
もう、本当にどこまでもいい人……
ありがとう、ひちょり。
とってもステキな想い出を記憶に添えることが出来ました。

さて、帰りは宮崎駅までテクシーで。
現場(笑)で出会った女4人でテクシー占領すると、まぁ、うるさいうるさい(笑)
その中で、宿泊ホテルの情報をゲットしてしまったわれわれは、なんとなくそのあたりを出歩いてみることに(苦)
そうしたらマジに道中、誰かさんたちとすれ違うし(汗)
そのホテルの前を通りがかったら、食堂らしきところにいる後藤様と目が合う大失態を犯した青葉和。
殺されるかと思った。あの視線。
「目で殺す」って、ああいうことを言うのね……(滝汗)
さすがにその辺りに用もないのに居てもなんなので、近くに見つけたファミレスで夕食。

夕食中に、明日の行動パターンを確定させ、あとはもう明日の朝ごはんを買って帰ろうということに。
帰り道で一番ホテルに近いコンビニに寄ろうと、自動ドアを空けた瞬間。
パッと目のあった、社会人風の男性。
思わず口をついて出ちゃった「ぁ」。
そう、僕が見間違うはずのないその人。
く、工藤ちゃん!(汗)
しかし、びっくりしたー、そこで会うとは思わなかったので。
なんかマンガらしきものを買いに来ていたようです。
チャリンコで。
その前にsarahさんとの雑談で「工藤ちゃんはすれ違ってもわかりにくそう」みたいな話をしたそばだったので、余計びっくりしてしまいました。
うーん、噂をすれば陰。
みんな! 余計なことは言わないようにしようね!!

……ということで、今日はやたら人と目のあった日でしたとさ(謎)
posted by 青葉和 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 不死鳥2005@宮崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8510975

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。