2005年02月08日

「たるい」の基準はどこだろう?

2頭身キャラがうごめく、実況がパワフルな、プロ野球ゲームの草分け様の第11弾。
その名も「実況パワフルプロ野球11」(そのまんま)

……のOP曲。
パワプロ史上初、男性が歌っております。
歌っていらっしゃる方が、東野純直さん
「あずまのすみただ」さんですね、「ひがしのすみなお」って読んでました……(苦)

この方のお名前、soundstock.netで拝見したような記憶があったので見返してみたら……
ありました、ありました↓

「かけがえのない花〜soundstock RIX バージョン〜」(※視聴できます)

で、この曲に関しては、soundstock.net立ち上げ記念でリコメンダ座談会のオフレポの中でも取り上げられておりましたので、そちらにもリンク
この中の一言……
あんなに甘ったるかったのが、ちゃんと大人が口説いてる感じになってるんですよね。

僕が今聴いても感想は「甘いのかなぁ」
オコチャマだから、よくわかんないのさっ!(謎)
「大人が口説いている」ってことは甘い歌声なんですよね?

でも、「甘ったるい」と「甘い」の境目はどんな感じなんでしょうか。

こちらに、どうやら昔の歌声と思しき音発見。
聞き比べて、ぜひ僕に教えてくださいな……その違いを。
posted by 青葉和 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽鑑賞生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月06日

イエスマン【kanaderu.jp】

TA・WA・WA 『イエスマン』

一言で言えば、現代日本社会を風刺した歌です。
出だしが西部劇映画みたいな雰囲気かな?
個人的に、この声とギターが気に入りました。
視聴して即DL。アップされた直後にDLしているし(笑)

歌詞やフレーズが結構好きなタイプかな。
伸びすぎた前髪で気持ちを隠して 受け入れた現実

こういう普段イメージの結びつかない、比喩みたいなフレーズが好き。

全体的に暗いけど「これでいいのか、日本社会」という雰囲気があって、救われます。
posted by 青葉和 at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽鑑賞生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月22日

地平の彼方で逢いましょう【kanaderu.jp】

天沼孝行 『地平の彼方で逢いましょう』

青葉和がkanaderu.jpを訪れて、初めて視聴したのが天沼孝行氏の曲でした。
天沼さんの音楽活動(というか生き方?)をみていると、

人間、好きならなんでもできるんだなぁ

と思わずに居れません。いい意味で。
soundstock.netに5曲も登録されているこの実力は、才能以外の熱意みたいなものがないと出てこないと思いますの。


さて、この曲はインストです。つまり歌なし。
kanaderuやsoundstockで公開されている天沼孝行作品は、基本的にインストばっかりです。
だけど主になるメロディラインが常に前面に出てくるので、基本的に「うた」を聞いているのとあまり印象は変わらないかも。
なんだか懐かしい感じのする曲です。
ハーモニカの腕にも注目。

曲のジャケットにも注目(笑)
うさぎかわいい(笑)
posted by 青葉和 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽鑑賞生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月16日

Power of Love【kanaderu.jp】

Gunshy 『Power of Love』

天使の詩』(※有料サイトにてDL可能。視聴はこっちでも出来ます)のイメージを持って聞くと200%度肝を抜かれる、ハイテンション・ナンバー。
やかましいくらいハイテンションです(笑)
特に間奏部分のエレギのギターワークには度肝抜かれました。
いや、だから、前述のようなイメージで聞くと(以下略)

声にはめちゃくちゃエフェクトかかっているわけですが……
やっぱりヴォーカル、歌うまいわ……
ものすごい声量出してるのに、声が震えたりのどに引っかかったりしないの。
声の出し方がうまいんでしょうねぇ……
posted by 青葉和 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽鑑賞生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月07日

君の味方【kanaderu.jp】

HAPPY DRUG STORE 『君の味方』

変な先入観のある状態で聴いてしまうと、どうも客観的な評価に欠けます。
本来、主観的であることが、音楽を聴くという行為に結びつくのですがね。
なんとなく。

さて、この曲は。
勝手に名づけるなら、Jフォークとでも言うのだろうか(謎)
ご本人たちの申請しているジャンルはロックですけど。
僕個人は、ほら、ゆずとかコブクロとか……あんな感じだと思いました。
(※その方面にはきわめて疎いので、違う! と突っ込まれても反駁できません、ご了承ください)
でも、ハピドラの歌として聴くのもいいけど、サビの辺りを大勢で歌うのも楽しい歌かもしれません。
ちょっと、合唱曲向きの音運びではないですけどね(笑)

とにかく、歌詞が「元気出して行こうよ」みたいな感じで、励まされます。
精神状態良好のときの僕が、すごく好きな感じの歌詞(苦笑)

本当に、変な先入観無しでこの曲を聴きたかったな……
posted by 青葉和 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽鑑賞生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月05日

Love of the future【kanaderu.jp】

TTL featuring Mari 『Love of the future』

ノリノリのユーロビートが楽しいです。
そして曲調がかわいい。
女性向けというよりは、女の子向けな感じかな(笑)
歌詞はどちらかというと女の子の恋愛を歌ったものなのですし。
でも僕はこのノリが大好きなので、オススメしますー。

無理やり脳内変換すると、バッテリーの主人公たちに当てはまる気がしないでもなかったりする。
※まともな脳みその人は、無理やり脳内変換しないでください。

DDRやBMあたりでこの曲入ってたら、譜面がすごいことになってたかもね(笑)
posted by 青葉和 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽鑑賞生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月03日

ボールの行方【kanaderu.jp】

Gunshy 『ボールの行方』


夢を果たせなかった想い出を語るような歌詞と、
ゆったりとした曲調、
ヴォーカルの張りのある声が心に沁みてきます。


サビの部分は、野球を好きな人でないとわかりにくい歌詞かも?
でもいい歌だと思います。

(噂では年内限定公開らしい……三が日がダウンロードできる最後?←滝汗)
posted by 青葉和 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽鑑賞生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。