2005年06月04日

絶好調らしい。

由田慎太郎の顔面を勝手に研究する会、略して(略)の成果。

由田慎太郎

顔面は研究できたけど、髪型はようわからんかったっス。
ユニは、はよ上がってきてー、の気持ちを込めてD専ユニ。
posted by 青葉和 at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青葉さんの落書きすたいる。

Honewarさんが、自分のブログで「Honewar的似顔絵の描き方」記事を作られました。
へー、こういうやり方もあるんだぁと、関心しながら見させていただいております。
(記事本文はこちら→http://blog.livedoor.jp/honeywar/archives/23979436.html


塩川達也
で、マネして僕も、「青葉流落書きの描き方」を書こうと思いました。
(※影響を受けやすい性格)
僕がモデルにしたのはイーグルスの塩川くん。
5月に撮った写真を見ながらの作業となりました(笑)


余談ですが、Honewarさんの記事を読んでいる時、後ろからパソコンを覗いてきた弟S氏の一言。
「その線画の似顔絵、おねぇによく似とる」
失敬な!(モデルの人に)


▽続きを読む(長文注意)
posted by 青葉和 at 12:43| Comment(4) | TrackBack(3) | 落書き帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月28日

トリ研の成果、ここに!

「実習終わって気力があれば」とかいいながら、今日神様が光臨したので一気に書き上げました。
『鳥谷敬の顔面を勝手に研究する会』略して『トリ研』の成果をここに発表!
























鳥谷敬


えっと、よりは『トリ研』の検閲(という名のフィルタ)を通ったので似ていると思うんですが(汗)
下手に色つけると似なくなるなぁ……次から線画だけにすべきか。
あと、なんか必要以上にオトコマエな気がする。
全国のオトコマエ系トリーマニアに奉げます。

僕の力量じゃこれが限界なんだよ、チキショウ!(逆切れ)
っていうか、オリ戦の中継観て思ったけど、むしろ加藤大輔に似てる気がする(謎)


いや、実は『トリ研』から、意外な副産物が生まれましてね……
似てないのはわかっちゃいるんですが、副産物として形を残させてください。




林威助


リンリンです。林威助(りん・うぇいつぅ)です。
なぜかトリーを書いているとき、ふと「そうか、この人(トリー)のポイントは眉毛・微妙に眠そうな目・そして顎の形だ!」と悟りました。
そして顎の形を試行錯誤しているうち、「ん? この顎はもしや……?」と、新たに顎の形を悟ったのがリンリンです(爆)
多分、リンリンはもう少しだけほほの辺りが丸っこい輪郭です。
目元は激しく似てません。っていうか目元はかなり秀太さん入ってます(苦)
でもこれが今の僕の限界です。


しかしまさか、アゴとあだ名の付いていない人を顎から解析することになるとは思いもしませんでした(苦)
posted by 青葉和 at 18:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 落書き帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

ところでこの人は今?

rough4.jpg


いや、けっこう好きなんです、條辺くん@G……
イースタンで投げているのかな?
北陸(+彦根)遠征に帯同していたような雰囲気があったんですが。

今日は何となく殴り書きでジョーベたん。
posted by 青葉和 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

【篤い戦い】似顔絵甲子園【それは愛ゆえに】

鳥谷敬(ラフ)
ええっと、なんだかよく知らないうちにカネシゲ監督のタイガース専門ブログで、似顔絵甲子園なるものが開催されていました。
予告も広告もありません。
でも現在開催中です。


事の発端はおそらく、「カネシゲ監督、鳥谷は男前だから書きにくいと発言」だと思われます。
で、引き金を引いたのは何を隠そうたんたん画伯です。
初出はこの記事(『阪神日ハム勝ち越し記念 鳥谷と江草の似顔絵にチャレンジ』@虎式カネシゲタカシ)なんですが、(特にたんたん画伯への)反響がすごいです。
そんなこんなで、「いやいや、鳥谷はこういう顔だろう」という記事が随所に立ち、このたび似顔絵甲子園開幕に至ったようです。
と言うわけで、人知れずこっそり、僕も出場しております。
↑の鳥谷さんの絵で。
(初めは忘れられてました、わら。)
書き直したいんですが、今現在アレな感じで脳内が前夜祭状態なので、3週間後にまだ紫紺の優勝旗(何故)が誰かの手におさまっていなければ、書き直しすることにします。

しかし、今回のカネシゲ監督の一枚は秀逸だなぁと思います。
コメント欄に書かせていただいたのですが、「プッシュバント食らった気分」です。
今まで「男前路線」で突っ走ってきて、それが突然この「デフォルメ路線」(笑)
完全に裏をかかれました、でも似てる。
やっぱ似顔絵って、面白いですね(笑)



他、参加選手さまへの個人的感想みたいなもの。
(書いていない方へは後日……)

おりがみさんの鳥谷くんは、純粋にかわいい!
「血まみれの……」には苦笑いですが(^^;

敬華さんの鳥谷くんはなんてったって愛情溢れる「眉間の皺」ですね!
よくバランス取れてるなぁ、あたしなんてすぐ崩れるのに(涙)

Honeywarさんの鳥谷くん、口元がいい(笑)
いつも思うけど、Honeywarさんの絵って、シンプルな線でよく似てるからスゴイ。



そうこうしているうちに、カ ネ シ ゲ 監 督 が 大 勝 負 に 出 ま し た 
posted by 青葉和 at 23:40| Comment(2) | TrackBack(2) | 落書き帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月15日

イメージ最優先で桜井広大。

【名鑑】桜井広大


イメージだけで書いてみるシリーズ第二弾。
(第三弾は多分ない)
桜井広大@T

僕が彼奴に抱くイメージはただ1つ。
ガキ大将。
で、こんな顔(笑)

鼻のところのホクロで彼だと判別していただければ幸いということで。
(拡大画像にすると余計似てないので、このまま観覧してくださぃ)
posted by 青葉和 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月14日

イメージ最優先で光原くんを書いてみた。

【名鑑】光原逸裕


光原逸裕(みっちゃん)@Bs。
僕の目にはこういう、ぬぼーっとした感じに映っているらしい。
「ふーふーしながら投げる」というので、口を開けるか否かは最後まで迷いました。
(結局あけずじまい)

本当はもうちょっと目元が深く見えるよう塗るつもりだったのになぁ。
イメージどおりに色を塗るのって難しい……
posted by 青葉和 at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月09日

カネシゲさんちの江草くんが……

カネシゲ(監督)さんちの江草くんのイラストが、
あまりにもかわいかったので、

つい。



触発され、勢いのみで描いてみました。
(描くと決心して完成まで所要時間50分くらい)

いや、
ここで真っ向から監督に対抗する実力も経験値もないことは自覚しています。

自覚しているんですが、自分の力量を見たいがために描いてみました。



鳥谷くんです
















鳥谷敬(ラフ)
……鳥谷くんです

誰がなんと言おうと鳥谷くんです

お天道様が西から東に旅をしながら、ユーロビートのリズムに乗って否定しても鳥谷くんです

僕の目にはこういう顔に映っていると思ってください。
鳴り物入りの黄金ルーキーでもなければ、成績不振にあえぐ新人でもない、僕の目に映る鳥谷くんです。

……と、言えばどんな似てない絵でも、似顔絵として成立することにたった今気づきました。
はい、これは鳥谷くんです
posted by 青葉和 at 23:58| Comment(4) | TrackBack(2) | 落書き帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月30日

似ている動物は犬。

【名鑑】尾形佳紀

似ている動物は『犬』。
と言うことで、犬をイメージして書いてみました。
「若い方のオガタ」こと尾形佳紀

この、文字通りの「円らな瞳」を書いてみたいがゆえに筆を取った。
衝動的にやってしまった。
ファンの方には非常に申し訳なく思い、今は反省している。
posted by 青葉和 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月17日

メタリックな顔

阪神の能見篤史投手を書いてみました。

【名鑑】能見篤史


撃沈しました_| ̄|○il||li
に、似てない……
実物&参考にした写真はこちら


この方、恐ろしく顔が整ってます
左右ほぼ対称というとんでもない整い方です。
僕が書くと全く対象になりませんが。

それでいて、メタリックな印象を与える表情。
目が笑わないイメージがあるんですわ、この方には……
posted by 青葉和 at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月11日

歌からイメージを描き出す

ラフ画『ボールの行方』
中学校の美術の授業で「好きな歌からイメージを描き出す」という課題をしたことがあります。
これはもう、かなりキツイ課題でした。
まだ、クロッキーの課題やってる方が万倍マシというくらい。
頭の中で描いているイメージを、紙に書き出すのは僕にとってかなり苦痛を伴う作業です。
思い通りに筆が動かないんだから、それは精神的にきついだろうという話。

今回は、自主的に挑戦してみました。
「好きな歌からイメージを描き出す」。
今回題材にさせてもらった歌は、(またも)Gunshyの「ボールの行方」
歌詞がわかりやすいのと、歌詞にのめりこんでいけるのとがあって、挑戦しました。

もし僕が「この歌のイメージコンテ切っていいよ」といわれたら、こういう絵を思い浮かべると思います。
この2人の人物は同一人物であるという設定の下で。
「今の僕」から「昔の僕」へ、ボールを投げ返す場面。
もう歌のラストワーズなんですが、
新しい夢へ
切符はないけど
という一節から、思い切りイメージを膨らませて。
この後、きっと「今の僕」は何か新しい場所へ旅立つんだと思います。
そして「昔の僕」は、「今の僕」がどうなっているかなんて考えもせず、ボールだけを見つめるんだと思います。

効果がおかしくて見た目に変な絵ですが、許してください。
頭の中で描いた絵をそのまま紙に書き起こす能力は皆無なんです。
posted by 青葉和 at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月10日

走り書き。

ラフ画

お題を書いている時、バランスとか何だとか考えてしまうので、勢いが出せません。
ということで、吹っ切れて勢いだけで書いてみました。
バランスもパースも遠近法も色使いも彩色法も 何それおいしいの? 一切無視。
使用したのは、愛用ペイントソフト『Photo Crew』と勢い。

いやむしろ、原材料:勢い。以上©某コーヒーCM(謎)

かなり久しぶりの女の子の絵。
青葉和が書くと、オナゴもヤローに見えてしまうので、あまり書きたくないんですが(汗)
たまに反動で書きたくなるんです、ええ……

所要時間は2〜30分くらいかな……
いつものお題は、ああ見えて3時間くらいかかってますので約6分の1の所要時間(苦笑)
技術的なことは聞かないで、勢いだけで書いたから……
posted by 青葉和 at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月16日

水彩画ソフトを使って書いてみた

この辺では油彩画のソフトを使いましたが、今回は水彩画。
ゆめいろのえのぐ』という名前です。
これで描いた絵がこちら↓

お試し画

ヨ ン 様 じ ゃ な い よ ?


絵をクリックすると別のウィンドウに大きい絵が開きます。
そっちを見ると、いかに凄まじい勢いで書いたかよくわかると思います。
でも見ないで、粗いのがわかるから……(滝汗)

やっぱり僕は、水彩よりも油彩っぽい方が向いているようです……
posted by 青葉和 at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月20日

油絵風ペイントソフトを使ってみた。



一部では有名なペイント・フリー・ソフトEasy Oil Paintを使って書いてみました。
全然似てないけど、小谷野くん@Fs……のつもりです。

SNOW CAMEL(雑綴り帳)さんこのあたりの写真を参考に書かせていただいたにもかかわらずこの出来(涙)
自分の力量のなさに、冗談抜きで凹む_| ̄|●il||li

でもせっかく書いたのでここに曝しておきます。
慣れてくれば、もうちょっとましな絵も書けるようになるんだろうけど(かなり希望)
絵をクリックすると、別ウィンドウにでっかく開きます。
ただでなく粗い絵のアラが良く見えるので、極力クリックしないでください(苦笑)
posted by 青葉和 at 21:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 落書き帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。